馬プラセンタと豚プラセンタを比較すると

馬プラセンタ効果徹底比較チェック > プラセンタコラム > 馬プラセンタと豚プラセンタを比較すると

馬プラセンタと豚プラセンタを比較すると

プラセンタというと美容に詳しい方でなくても知っているほど、その認知度は高まっています。そんなプラセンタの中でも特に効果のあるといわれるのが馬プラセンタです。成長因子を含む動物由来のプラセンタというと豚プラセンタもありますが、馬の方が効果が高いといわれています。
馬プラセンタと豚プラセンタを比較すると、馬の方が含まれるアミノ酸が多いといわれています。一説によると300倍近くも違うという比較もありますが、これは化学的に証明された事実ではないので、それほど真実味はありません。ただ決定的な違いがあります。それが含まれるアミノ酸の種類です。馬にはトリプトファンやメチオニンなど6種類の必須アミノ酸が含まれてますが、豚にはそれらがありません。アミノ酸の量はわかりませんが、含まれる種類が異なることは事実のようです。さらに馬の方がいいといわれる原因に、安全面が考えられます。馬は豚に比べて寄生虫のリスクが少ないといわれていますし、狂牛病や口蹄疫のリスクもありません。それにアレルゲン性が少ないことも選ばれる理由となっています。
こういったことから数あるプラセンタの中から馬プラセンタが選ばれるわけですが、馬なら何でもいいわけではありません。大事なのがその馬の育てられた飼育環境です。環境がしっかりなっていないと、いくら馬であっても安全とは言えません。馬にとってストレスの少ない環境で安全に飼育された原材料を使ったプラセンタを選ぶべきです。