馬プラセンタってなんでサラブレッドがいいの?

馬プラセンタ効果徹底比較チェック > プラセンタコラム > 馬プラセンタってなんでサラブレッドがいいの?

馬プラセンタってなんでサラブレッドがいいの?

馬プラセンタに含まれているアミノ酸は、豚のものと比較すると約250倍になります。そして馬にしかない必須アミノ酸が6種類も含まれているのです。今、こうした栄養価の高さから、馬プラセンタは大変注目されています。

★ なぜ豚より馬のほうの栄養価が高いの?

豚よりも馬プラセンタのほうに栄養成分が多く含まれている理由として考えられているのは、出産の違いにあるようです。豚は1年間のうち2回の出産をします。一回で約10匹、合計年間で約20匹の子供を産みます。一方で馬は妊娠期間が11ヶ月間あり、1度で1頭だけ出産します。つまり1年間に1回、1頭の出産となります。そのため馬の胎盤は肉厚で濃厚。栄養や有効成分もたっぷり残っているのです。


★ なぜサラブレッドがいいの?

馬のエリートといわれるサラブレッド。競争に勝つために品種改良が繰り返され、優秀なものだけが生き残ります。では、このサラブレッドのプラセンタに人気がある理由は何なのでしょうか。


サラブレッドは一般的な馬よりも衛生的な環境で飼育され、血統もすべて把握されています。そうしたことからプラセンタの原料としては大変安全性に優れています。安全で高品質だからこそサラブレッドのプラセンタは人気が高いのです。
ただでさえ数に限りがあるサラブレッドの出産予定を把握して、11ヶ月という妊娠期間を待機し、ようやく手に入るプラセンタです。その価値は非常に高く、栄養価、衛生性、安全性のどの面においても優秀であるからこそ注目されているのです。